自転車に乗れない大人は意外と多い?中学生以上向けに練習方法を解説します

「大人になっても自転車に乗れない」というコンプレックスをお持ちでしょうか?実は、自転車に乗れない大人は意外と多く、それほど気にする必要はありません。しかし、自転車に乗ってみたいと思い始めたら、年齢に関わらず、そのときにチャレンジすることをおすすめします。今回は、自転車に乗れない大人が多い理由や、乗れるようになるまでのステップを解説しますので、参考にしてみてください。

· 《 記事 》

自転車に乗れない大人は意外と多い?

大人で自転車に乗れない方も、乗れないことを恥ずかしく思う必要はありません。実は、自転車に乗れない大人は意外と多いのです。また、大人になってから練習して、自転車に乗れるようになった人もいます。いくつになっても、やってみたいと思ったときに挑戦してみるのがおすすめです。

中学生以上で自転車に乗れない人の割合は?

日本トイザらスの調査によると、20歳以上で自転車に乗れない人は、全体の1.4%いることが明らかになっています。乗れると回答した人のうち、ほとんどは11歳までに乗れるようになったと回答しています。つまり、日本では中学生以上の人のうち、100人に一人は自転車に乗れないという結果です。

大人でも自転車に乗れない人が多い理由

大人でも自転車に乗れないのには、さまざまな理由があります。ここでは、以下の4つの理由を分析します。

これまで自転車に乗る機会がなかった

自転車を買ってもらえなかった

子どものときにうまく乗れず、やめてしまった

今さら自転車に乗る練習をするのが恥ずかしい

これまで自転車に乗る機会がなかった

育ってきた環境により、大人になるまで自転車に乗る機会がなかったため、自転車に乗れない人がいます。電車やバスが便利な都会に住んでいると、自転車がなくても生活に困らない場合があるでしょう。

また、急な坂道の多い地域の場合、自転車では不便なため、乗る機会がなかった人もいます。さらに、成長すると車を運転できるようになり、より自転車を必要とする場面がなくなるかもしれません。

自転車を買ってもらえなかった

子ども時代に、親から自転車を買い与えられなかった人もいます。兄弟が多いなど経済的な事情で、一人一台を買い与えられない家庭もあります。

また、自転車の乗り始めは転倒しやすいため、子どもがケガをすることを恐れて買い控える親もいるでしょう。子ども時代に自転車に乗り慣れていないと、大人になって自分で購入して練習する機会は、なかなか訪れないかもしれません。

子どものときにうまく乗れず、やめてしまった

自転車を試してみたことがあるものの、乗れないまま練習を止めてしまったケースもあります。一人で自然に乗れるようになる子どももいますが、性格によっては付き添って指導してくれる人がいないと、習得が難しい場合もあります。適切な指導がないと、転んだときの恐怖心がトラウマになって、再挑戦しなくなってしまうケースもあるでしょう。

今さら自転車に乗る練習をするのが恥ずかしい

自転車に乗れる人の多くは、小学生のうちに習得しています。大きくなると「この年になっても乗れないなんて」と気後れするようになってしまい、練習しにくくなるケースもあります。乗れない姿を人に見られるのが恥ずかしくて、練習できない人もいるようです。

子供用自転車 wimo wimo kids おすすめ

wimo kidsは車体が軽量なため扱いやすく、スポーツバイクで採用されているようなグレードの高いパーツを採用しているので、乗りやすく扱いやすい自転車です。また、ベルトドライブを採用していることによって、日々のお手入れから解放される親御さんにとっても扱いやすくなっています。商品詳細はこちらからご覧ください。

大人が自転車に乗れるようになるまでのステップ

大人になってから、自転車の練習をしても遅くはありません。少しのコツを知って、イメージしながら練習をすると、案外スムーズに乗れるようになるケースもあるのです。また、段階的に習得していく方法もあります。ここでは、以下の5ステップに分けて解説します。

ステップ① ペダルを外してバランスをとる練習

ステップ② ブレーキを使って停止する練習

ステップ③ ペダルをこぐ練習

ステップ④ ゆっくりと進む練習

ステップ⑤ 曲がる練習

ステップ① ペダルを外してバランスをとる練習

初めのステップは、自転車に乗ってバランスをとる感覚をつかむ練習です。自転車のペダルは、専用レンチを使えば簡単に外せます。右側ペダルは反時計回り、左側ペダルは時計回りに回せば取り外すことが可能です。

自転車に乗ったら、両足で地面を蹴りながら前に進み、少しスピードが出たら足を浮かせましょう。一定の距離を、足を浮かせたまま進めるようになったら、次のステップに進みます。

ステップ② ブレーキを使って停止する練習

次に、ブレーキの練習です。自転車のブレーキは、左手が後輪、右が前輪に対してブレーキをかける仕組みになっています。まずは左手、次に右手の順番で調整しながら握ると、急ブレーキになりにくく、バランスを保ちやすいです。

ブレーキの練習をする際は、サドルを低い位置にしておくと、ブレーキをうまく握れなくてもいつでも足で止まれるので、安心感が増します。

ステップ③ ペダルをこぐ練習

ステップ3では、ペダルを戻してこぐ練習を始めます。両立スタンドがある自転車の場合は、スタンドを立てて止まった状態のまま、ペダルをこぐ感覚をつかんでみましょう。このステップで、足の動かし方やこぐスピードなどを確認しておくと、次がスムーズです。

ステップ④ ゆっくりと進む練習

ペダルの動かし方がわかったら、いよいよスタンドを外して前進します。焦るとバランスを崩しやすくなるので、気持ちを落ち着かせてからこぎ始めましょう。初めは怖くても、下を見るのではなく、前を見て進むのがバランスを保つコツです。

ステップ⑤ 曲がる練習

バランスをとりながら前進できるようになったら、最後は曲がる練習です。ハンドルを見るのではなく、曲がりたい方向の前方を見るのがコツです。最初は大きく円を描くように動き、徐々に円を小さくして、小回りが利かせられるように練習します。

自転車に早く乗れるようになりたいなら、自転車教室に通うという方法も

自転車は一人でも練習できますが、自分ではなかなかコツがつかめない人もいるでしょう。また、怖さや恥ずかしさもあるため、励ましてくれる人が側にいたほうが頑張れる場合もあります。そこで、なるべく短い時間で自転車に乗れるようになりたい人は、自転車教室がおすすめです。

大人のための自転車教室を開催している団体もあり、マンツーマンの指導が受けられます。専門の指導員の指導を受けながら練習すれば、周囲の目も気にならず練習に打ち込めるでしょう。

自転車 自転車教室 大人 バランス

まとめ

自転車に乗れない大人は、意外と多いものです。理由としては、育った環境や、練習しても失敗してしまった経験などが関係しています。大人になってからでも、自転車の練習をして乗れるようになることは十分に可能です。初めはペダルを外して、自転車のバランス感覚をつかむことからスタートし、段階を経て練習していけば、恐怖心が少なく乗れるようになります。

気に入った自転車を見つけることも「乗ってみたい」との動機づけを強める助けになります。ファッショナブルな自転車に乗って、心地良い風を切る自分を想像してみるといいかもしれません。

電動アシスト自転車「COOZY」は、おしゃれに街を駆けるのに似合う自転車です。ボディは、ストレートのラインに、しなやかなカーブを加えたシンプルなデザインです。ユニセックスな雰囲気で、男女どちらが乗ってもフィットします。お気に入りの1台を見つけたいなら、ぜひご検討ください。

 

 

wimoでは、電動アシスト自転車「COOZY」

電動アシスト自転車 wimo COOZY 自転車

本格子供自転車「wimo kids」

子供用自転車 wimo スポーツ 運動 おすすめ wimokids

をご用意しております。

wimo製品は全車種ベルトドライブを標準搭載しており、
あなたの生活の移動がより快適なものになることを約束します。

▼ベルトドライブについての詳しい記事はこちら
「ベルトドライブはどんな自転車?」

wimoは、都会的なデザインで、1.25kgの軽量バッテリーを搭載、電動アシスト自転車「COOZY」&優れたパーツを採用している本格派子ども自転車「wimo kids」といった、ハイスペックバイクのラインナップ。
全国の販売代理店や、wimoオンラインストアにてお取り扱い中です。

broken image
broken image