【車種別】おしゃれな自転車用ヘルメット25選!選び方のポイントも詳しく解説

自転車に乗る際はヘルメットの着用が努力義務になりましたが、安全性だけでなく、「おしゃれなヘルメットが欲しい」と思ってはいないでしょうか。ヘルメットは目立つからこそ「少しでもデザイン性に優れたものを着用したい」という感覚は自然です。

そこで本記事では、最初に自転車用ヘルメットの必要性を解説した後、おしゃれなヘルメットを選ぶ際のチェックポイントを説明します。その後にタイプ別の選び方を解説するので参考にしてください。

· 《 記事 》

自転車のヘルメットは必要?

自転車 ヘルメット おしゃれ おすすめ

自転車に乗る際はヘルメットをかぶることが推奨されています。2023年4月1日からヘルメットの着用が努力義務になったためです。

事故による致命傷を避けるには、ロードバイクや電動アシストつき自転車のようにスピードが出せる自転車はもちろん、シティサイクルやママチャリのような自転車でもヘルメット着用を心がけることが重要です。

警視庁によると、自転車死亡事故の約7割が頭部に致命傷を負っています。また、ヘルメットを着用していない場合の致死率は、着用している場合の約2.3倍です。(※)そのため、自転車用のヘルメットを正しく着用し、頭部を守ることが大切といえます。

※参考:警視庁「自転車用ヘルメットの着用」(参照:2023-12-16)

おしゃれなヘルメットを選ぶ際のチェックポイント

自転車 ヘルメット おしゃれ おすすめ

おしゃれなヘルメットを選ぶ際のチェックポイントは下記です。

  • サイズを確認する
  • 軽さを確認する
  • 通気性を確認する
  • 安全性を確認する
  • 自転車の種類に合わせたデザインを選ぶ

それぞれ解説するので参考にしてください。

サイズを確認する

スポーツ用品メーカーのヘルメットには、サイズを選択できるモデルがあります。自分の頭に合うヘルメットの見つけ方として、まずは頭のサイズを測りましょう。測り方は額を起点とし、頭部を一周した際の長さです。

基本的に日本人の頭部は丸形、欧米人の頭部は楕円形という違いがあります。そのため、海外メーカーの場合は日本人の頭に合うモデルを探すことが大切です。おすすめはアジアンフィットモデルです。アジア系の頭部に合うヘルメットなので、日本人にフィットしやすい形状となっています。

軽さを確認する

おしゃれなヘルメットを選ぶ際は軽さの確認もポイントです。ちょうどよい軽さとして、スタイリッシュな軽量タイプは200〜250g、カジュアルな帽子タイプは300g前後を目安にしてください。350gを超えると「重たいな」と感じやすくなります。

軽いヘルメットは頭や首への負担が軽減します。重いヘルメットは疲れますし、着用時にストレスを感じやすいので迷ったときは軽いほうを選ぶとよいでしょう。

通気性を確認する

おしゃれなヘルメット選びでは通気性の確認も大切です。通気性がよいと快適に自転車に乗れます。

また、ヘアスタイルの乱れが気になる場合は、湿気がこもらないヘルメットがおすすめです。風が入りやすいフォルムや、汗対策ができるメッシュのインナーを検討してみてください。蒸れにくいベンチレーションタイプのヘルメットもあります。

女性のためのポニーテール対応モデルも販売されています。結び目にあわせてアジャスターのポジションを調整できるヘルメットなので、快適に着用できるでしょう。

安全性を確認する

ヘルメット選びでは、事故に備えた安全性の確認もポイントです。

国内製のヘルメットはSGマークがあるものをおすすめします。SGは「Safe Goods(安全な製品)」の略であり、一般財団法人製品安全協会が安全基準に適合していると認証したマークです。

また、ヨーロッパ製のヘルメットはCEマークやTUVマーク、アメリカ製はCPSCマークやASTMマークがついたものを選ぶとよいでしょう。

ヘルメットの交換頻度は一般的に2〜3年程度です。SGマークの有効期限は3年ですし、日光や汗による経年劣化の可能性があるためです。

自転車の種類に合わせたデザインを選ぶ

自転車の種類に合わせたデザイン選びもポイントです。

例えば、フランス語で「小さい自転車」という意味があるミニベロは、街乗りに最適な自転車です。そんなキュートなデザインのミニベロには、アーバンタイプのヘルメットが合っているでしょう。

また、一般的にママチャリとして知られているシティサイクルには、帽子感覚で着用できるカジュアルなヘルメットが似合います。

通勤、通学、街乗りと幅広く使えるクロスバイクには、カジュアルな洋服にも似合うおしゃれなヘルメットがおすすめです。

本格的なサイクリング向けのロードバイクに関しては、スポーティーなデザインのヘルメットが最適といえます。

このように、自転車の種類によって似合うヘルメットは異なります。次章からおすすめのヘルメットを紹介するので参考にしてください。

【ミニベロにおすすめ】おしゃれな自転車用ヘルメット5選

自転車 ヘルメット おしゃれ おすすめ ミニベロ

ミニベロにおすすめのおしゃれな自転車用ヘルメットには以下の5つがあります。

  1. DAYS
  2. POCO サファリ
  3. LIBERO
  4. LUMOS Matrix
  5. CADEN MIPS II

それぞれの特徴を紹介します。

1.DAYS

DAYSは軽量かつコンパクトな帽子型ヘルメットです。ツバが広めで日差し対策になり、フチに組み込まれたワイヤーによって型を調整できます。

また、ヒモを使用したツバの跳ね上げ構造によって視認性の確保が可能です。車のライトに反射して光るリフレクター素材が使用されているので、夜間でも安心して使用できるでしょう。

その他の主な特徴は以下です。

2.POCO サファリ

カジュアルヘルメットのPOCOサファリはデザインが特徴的なモデルです。

帽子部分を単体で変更できるため、その日の気分や季節に合わせた着せ替えが可能です。徒歩ではおしゃれな帽子として、ミニベロに乗る際は安全かつ快適なヘルメットとして使用できます。

その他の主な特徴は以下です。

3.LIBERO

LIBEROは重量315gと軽くてコンパクトな帽子形状のヘルメットです。ツバの縁に同系色のパイピングが施されているため、シンプルなデザインにアクセントが加わっています。

大きめのツバは日差しを防ぎつつも、視野を妨げない角度で設計されています。リフレクター素材が装備されているため、夜間の外出時も心強いでしょう。

主な特徴は以下です。