中学生向け自転車を選ぶポイントは?通学で使いやすいおすすめ自転車も紹介!

小学生よりも活動範囲が広がる中学生は、毎日の通学や部活、習い事やちょっとしたお出かけなど、さまざまなシーンで自転車を使います。今回は、これから子どもが自転車通学を始める親御さんや、子どもの通学用自転車を買い換えたい方向けに、中学生向けの自転車の選び方を詳しく解説します。

また、人気のシティサイクル・クロスバイク・マウンテンバイク・電動アシスト付き自転車のなかから、中学生におすすめのモデルもそれぞれ紹介するので、ぜひお気に入りの1台を見つけてみてください。

· 《 記事 》

中学生向け自転車とは?

自転車 中学生 おすすめ 通学

中学生が自転車を購入する際は、これまで使っていた子ども向けの自転車ではなく、大人と同じ自転車を選んで問題ありません。ただし、まだまだ大人と比べて身長が低いので、サイズ選びは慎重に行うことが重要です。

また、自転車を通学用に使う場合、家から学校までの距離や通学路によっては、長距離の道のりを走ったり十分に整備されていない道を通ったりする可能性もあります。安全性や耐久性にすぐれた自転車を選べば、毎日使っても劣化しにくく、子どもを安心して学校に送り出せるでしょう。

では、実際に自転車を選ぶときにどこをチェックすればよいか、どんな機能が必要なのかを詳しく紹介していきます。

中学生に人気の自転車 3タイプ

自転車 中学生 おすすめ 通学

自転車には、ママチャリやミニベロをはじめとしたシティサイクルや、スポーツバイクとよばれるクロスバイク・ロードバイク・マウンテンバイクなどの車種があります。なかでも中学生に人気なのは、シティサイクル・クロスバイク・マウンテンバイクの3種類です。それぞれの特徴やメリットを知り、用途やライフスタイルに合ったタイプを選びましょう。

シティサイクル

シティサイクルは最もオーソドックスなタイプの自転車で、いわゆるママチャリやミニベロを指します。公道を走行するのに必要な一通りの装備品が標準搭載されており、さまざまなシーンで使いやすいのが魅力です。

近距離の移動や平地を通る通学に使うぶんには、シティサイクルの機能で問題ありません。しかし、長距離の移動や坂道・凹凸の多い道のりを走行する場合は、スポーツバイクや電動アシスト機能が搭載されたモデルの方が適しています。

クロスバイク

クロスバイクは、スピードを出しやすいロードバイクと坂や凹凸のある道を走りやすいマ