子ども用自転車ヘルメットのおすすめや選び方を解説!

安全に自転車に乗る為に欠かせないヘルメットのおすすめや選び方をご紹介します。

· 《 記事 》

自転車で走行中に万が一転倒しても頭部を守ってくれるヘルメット。頭部へのダメージは重大な怪我に繋がる恐れがある為、安全を確保するための必須アイテムです。

本記事では子ども用自転車ヘルメットをどう選んだらいいのかわからない方や、安全基準やサイズに迷っている方におすすめの子ども用自転車ヘルメットのおすすめや選び方等をご紹介いたします。是非参考にしてみてください。

ヘルメットの重要性と安全性

皆さんは自転車に乗る際にヘルメットを必ず着用していますか?近年、ヘルメット着用の努力義務化が進み注目を浴びている自転車ヘルメットですが、頭部を守る為には欠かせないアイテムです。重大な事故を防ぐためにも必ずヘルメットを着用しましょう。ヘルメットを着用せずに転倒してしまった場合は、重大な後遺症や死亡に繋がるリスクが上がってしまいます。少しの時間しか乗らない場合でもヘルメットの着用を徹底しましょう。また、ヘルメットには様々な安全基準がありますが、国内で流通しているものは主に「SG」「JCF」の2種類です。様々な安全試験をクリアすることで貼付することができます。他には欧州基準の「CE」や米国基準の「CPSC」がありますがそれぞれ基準が異なるので、購入したいヘルメットがいずれかの安全基準を満たしているか確認しましょう。産業用等のヘルメットは自転車用とは全く異なるので注意が必要です。

子ども用自転車 ヘルメット 選び方 おすすめ

選び方1:安全基準のシールを確認

ここで、先程登場した自転車用ヘルメットの安全基準について簡単にご紹介します。まず日本国内で発行されるSGマークとJCFマークをご紹介します。

国内基準

・SGマーク

SG基準という安全性能を満たしているものがこちらのSGマークを貼付することができます。SGマークがついたヘルメットには種類があり、自転車用のヘルメットを選ぶことが重要です。産業用のヘルメットとは構造が異なる為、自転車で転倒した場合を想定していません。SGマークはヘルメットにシールが貼付されているので、購入前に必ず確認するようにしましょう。また、ネット通販で安全基準を満たしていない安価なものを購入しないように注意が必要です。

・JCFマーク

JCFマークは、JCF(日本自転車競技連盟)が発行しているマークです。日本の安全基準や海外の安全基準に満たしている物しか貼付することができないため、安全性が保証されています。また、国内のサイクルイベントやレースではこのJCFマークが付いているヘルメットを着用しなければ参加ができません。レースやサイクルイベントに出たいお子さんがいる家庭ではこちらのJCFマークが貼られたヘルメットを購入しましょう。しかしJCFマークには白色の物と緑色の2種類があります。白色はJCF公認のマーク、緑色はJCF推奨マークという意味があるため、レースに出たい方は白色を、レースには出ずサイクリングなどでしっかりとした安全基準を満たしたものが欲しい方は緑を選ぶなど、用途や予算によって選ぶと良いでしょう。こちらのJCFマークは競技用自転車で使用されているヘルメットの為、競技をしない方には他の安全基準を満たしているヘルメットから選ぶことで選択の幅が広がります。

子ども用 自転車 ヘルメット おすすめ 選び方 種類

海外基準

・CEマーク(欧州)、CPSCマーク(米国)

欧州での安全基準を満たしたヘルメットにCEマークが付きます。安全基準をクリアしていることには国内のものと変わりありませんが、あくまで欧州向けの為頭の形が日本人向けには作られていません。形が合わないと感じた場合、日本基準のものを選んでみましょう。CPSCマークは米国基準のマークになっています。他のマークと同様に安全基準をクリアしたヘルメットにこちらのマークが貼られます。SGマークがついていない商品でもCEマークやCPSCマークがついていれば安全基準を満たしている証明になるのでしっかりとチェックするようにしましょう。

選び方2:頭の大きさに合ったサイズを確認

子どもの自転車用ヘルメットを選ぶ際にすぐ成長するからと、大きめのヘルメットを選んでしまうと転倒時に頭からズレてしまい頭部を損傷する恐れがあります。着用する際にもしっかりと顎ひもを締めるようにしましょう。ヘルメットによっては、後頭部の部分にアジャスターや調節用の紐がついているものがあり、片手でも簡単に調節することができます。子どもでも簡単に調節することができるので、お出かけ前の準備などが楽になります。販売店で購入する際はヘルメットを必ず試着して、ズレることが無いかチェックしましょう。ネット通販の場合はサイズ等のチェックを必ず行い購入することが重要です。対象年齢ではなく、実寸のサイズで選ぶことでサイズのミスを少なくすることができます。必ずメジャーなどでお子さんの頭を測ってから購入するようにしましょう。

子ども用 自転車 ヘルメット 選び方 サイズ おすすめ

選び方3:ヘルメットの機能性

ヘルメットは通気性や視認性などの様々な機能を考慮して作られているものがあります。通気孔が多ければ通気性が良くなります。夏場などは特にヘルメット内は蒸れて汗をかきやすい為、通気性に優れたものを選びましょう。また、夜間の視認性にも注目してヘルメット選びをしましょう。反射材が使用されているものや、ヘルメットにライトを取り付けることができる商品がある為、暗い時間に自転車を利用するお子さんは視認性が良いものがおすすめです。

自転車に乗れるようになってもヘルメットは必ず着用

自転車の練習中はヘルメットを必ず着用しますが、乗れるようになるとヘルメットを嫌がるお子さんもいるかと思います。しかし、自分が転倒しなくても他の車やバイク、歩行者など公道には予測できない危険が潜んでいます。お子さんが自転車に乗る前には、親御さんがしっかりとヘルメットの着用を指導しましょう。お子さんだけでは顎ひも、アジャスターの調整などが難しい場合は一緒にやってあげることで、しっかりとした着用ができているかを確認できます。ヘルメットを嫌がる子どもには、好きなデザインのヘルメットを買ってあげることで率先して着用してくれる場合があります。キャラクターや、新幹線等子ども用ヘルメットのデザインは大人用よりも多岐にわたる為好きなヘルメットが見つかるでしょう。

子ども用 自転車 ヘルメット 選び方 おすすめ

おしゃれなヘルメットとおしゃれな自転車でスタイリッシュに自転車を楽しみましょう!wimoの子ども用自転車「wimo kids」はおしゃれなデザインと、親しみやすい野菜の名前のカラー名でお子さんが好きになる自転車を選ぶことができます。アルミフレームを採用している為車体重量が非常に軽量で、メンテナンスフリーのベルトドライブを採用していることで楽に、長く使っていただけます。ご興味ある方は是非チェックしてみてください。

子ども用自転車 おしゃれ おすすめ wimo wimo kids

子どもだけではなく自転車に乗る際は大人もヘルメット着用

今回は子ども用ヘルメットのおすすめや選び方をご紹介しましたが、自転車に乗る際は大人の方もヘルメットの着用をしましょう。近年では目立ちにくい帽子型のヘルメットの発売など、大人のニーズにも応えてくれる商品の販売が目立っています。世間がそれだけヘルメットを着用する流れになっているというだけではなく、頭部の損傷による重大事故が増えています。お子さんのヘルメット選びを機会に大人用ヘルメットも是非ご検討ください。

 

 

wimoでは、本格子供自転車「wimo kids」

子ども用自転車 おすすめ wimo wimo kids

をご用意しております。

wimoの子ども用自転車「wimo kids」は車体が非常に軽く、ベルトドライブを搭載することによって漕ぎ出しが楽なので力が弱い子どもや、自転車に乗り始めの子どもにとてもぴったりです。他にも一般的な子ども用自転車とは異なるこだわったパーツを使用しています。ぜひチェックしてみてください。

wimo製品は全車種ベルトドライブを標準搭載しており、
あなたの生活の移動がより快適なものになることを約束します。

▼ベルトドライブについての詳しい記事はこちら
「ベルトドライブはどんな自転車?」

wimoは、都会的なデザインで、1.25kgの軽量バッテリーを搭載、電動アシスト自転車「COOZY」&優れたパーツを採用している本格派子ども自転車「wimo kids」といった、ハイスペックバイクのラインナップ。
全国の販売代理店や、wimoオンラインストアにてお取り扱い中です。

子ども用自転車 おしゃれ wimo オンラインストア 購入
子ども用自転車 おしゃれ wimo wimo kids